リフォーム時の工務店の選び方4「アフターフォロー」がしっかりしている

リフォーム後の「トラブル対応」も検討しておく

希望のリフォームをするには、リフォーム前のことばかりでなく、リフォーム後のことも検討しておく必要があります。なぜなら、ご自宅の状況・環境は一軒一軒違い、一度で完璧にリフォームできることが少ないからです。そのため、リフォーム後のトラブル時の対応策も考えておくこと重要です。

こうしたトラブル対策として大事なことは、「無料の保証期間を確認しておく」ことでしょう。これは、例えばリフォーム後に不都合が発生した際に、修理をしてくれたり、代替策を取ってくれる期間のことです。なぜ、確認しておく必要があるのかと言うと、「リフォームでは瑕疵担保責任の期間に定めがない」ため、万が一不具合が発生しても、修理してくれないことがあったり、別途費用が発生することもあるからです。

そのため、よりよい住宅リフォームをするには、リフォーム前のことだけでなく、リフォーム後のことも検討しておく必要があるのです。

無料の保証期間を確認しておくことが重要

リフォーム後に問題が発生した場合には、リフォーム会社が保証をしてくれる場合と、メーカー保証の2つがあります。そのため、両方とも保証内容と保証期間を確認しておくことが重要です。

まず、「リフォーム会社の保証」ですが、例えば定期メンテナンスをしてくれる業者があったり、1年以内のトラブルには無料で補修してくれるなどがあります。また、メーカーの保証期間は、取りつけた機器が動かなくなってしまった時に、代替品などを用意してくれるものなどがあります。そのため、これら両方がどうなっているのかを確認し、保証書を確実に入手しておくことが大切になっています。

こうしたことから、無料の保証期間があることを確認し、万が一の場合に無料で補修をしてくれる業者に依頼したほうが良いでしょう。

業者によっては定期的な点検をしてくれることもある

保証期間とは別に、業者によっては定期的なメンテナンスをしてくれるところもあります。メンテナンスの内容は、基本的にリフォーム個所の状況を確認する場合が多いです。そして、万が一問題が発生していれば、保証期間内であれば補修をしてくれたり、保証期間外であれば新たな対応策などを取ってくれます。

そのため、こうした定期的なメンテナンスを行ってくれるサービスを提供している業者を選定するといいでしょう。

もちろん、こうしたアフターフォローをしてくれない業者でもいいと言う方もいるでしょう。ただし、アフターフォローがある業者で行った方が、トータルコストを抑えられる傾向にあるので、なるべく選定時に注意して選んだほうが良いでしょう。

関連記事

住宅ストック循環支援事業とは?
住宅ストック支援事業の補助金1月18日~6月30日までエコリフォームの補助金が出ると言う制度が始まりました。  具体的にどんなものなの?例えば浴室工事(ユニットバス工事)+給湯器交換(エコジョーズ等)工事をします。その場合どの程度補助金が出るのかと言うとこんな感じです。 断熱浴槽@24000円節湯水栓@3000円段差解消@6……
リフォーム時の工務店の選び方5「メリット・デメリットの説明がある」
中立的な立場からアドバイスがあるかを判断する リフォームが成功するかは業者選びが重要になりますが、工務店の担当者の力量が影響することも多いでしょう。例えば、担当者のヒアリング能力やリフォーム方法の提案能力、また、工務店内で現場に引き継ぐ能力に長けている必要があります。そのため、対応してくれる担当者の能力を見るのも重要になっています。 特に注意すべき点……
デザインサイディングの塗装工事 狭山市
築13年 デザインサイディングの外壁塗装をしました。 サイディングの外壁塗装と言うと単色で「塗りつぶし」と言うのが多いです。 今回使用した塗料はニッペピュアライドUVプロテクトクリアを塗布しました。 少し解りづらいのですが、クリア塗料を塗布する事でデザインサイディングの元の色が蘇るのです。 日光等に当たると塗装の色が抜けてしまいますが、塗料でそれを……
壁や壁紙リフォームの注意点!DIYで行う場合のメリット・デメリット !
今流行りのDIYで、壁面をリフォームする!! 業者にリフォームを委託するのもいいですが、最近では自分でリフォームを行う「DIY」が流行っています。DIYとは、「Do It Yourself 」の頭文字を取った言葉で、自分自身で大工作業などをやること意味しています。 このDIYでリフォームをすると、自分の好きな予算と材料を使って、好きに内装や外装を変え……