給湯管凍結

4年位前の話ですが。

4年位前の話です。

寒い日の夜にお湯の管が破裂してしまいました。

伺うとお湯の管に保温材が巻いてありませんでした。

作業している部分の管が破裂していました。

とりあえず応急処置をして翌日修理しました。

翌日銅管を切って架橋ポリ管を繫ぎ直し補修をしました。


保温材等を巻きなおして施工完了です。

今回破裂したのは給湯器から出ているお湯の管です。

新築とか最近のこの手の工事では銅管は使われていませんが

15年以上前は割と銅管を使うのが主流でした。

破裂するとこんな感じで裂けてしまいます。

水道管凍結防止の為には保温材はとても有効です。

お問い合わせ・ご相談はこちらまで。

050-3592-0944(IP固定電話)
090-3538-2454(携帯電話)

一般社団法人全建総連リフォーム協会
会員番号:1110057

二級建築士
2級施工管理技士
宅地建物取引士
2級福祉住環境コーディネーター
埼玉県被災建築物応急危険度判定士

代表 星 謙司

関連記事

コロニアル屋根の塗装 坂戸市
コロニアル屋根 外壁塗装と合わせてコロニアル屋根の塗装をしました。   塗装前に屋根板金等の釘の増し打ち等を施工します。 屋根の高圧洗浄をします。 コケとカビがかなりありました。 洗浄完了です。 コロニアル塗装は溶剤系塗料を使用します。 屋根の塗装は水性系を使用するとどうしても塗装の耐久年数が短くなってしまいますので。……
プレスタフェンス8型・多段柱 坂戸市
20年位前にL字に竹垣を設置したそうです。 根元が腐り倒れてしまいました。 アルミ製のフェンスを設置して欲しいとの事でした。 倒れてしまった竹垣 Before リクシル多段柱フェンス・プレスタ8型を設置しました。 After L字のもう片側も壊して設置です。 Before After   ……
壁や壁紙リフォームの注意点!DIYで行う場合のメリット・デメリット !
今流行りのDIYで、壁面をリフォームする!! 業者にリフォームを委託するのもいいですが、最近では自分でリフォームを行う「DIY」が流行っています。DIYとは、「Do It Yourself 」の頭文字を取った言葉で、自分自身で大工作業などをやること意味しています。 このDIYでリフォームをすると、自分の好きな予算と材料を使って、好きに内装や外装を変え……
GW中の対応
GW中も対応可能です。 今年のGWは超大型連休ですね。 盆暮れ正月GWになると不思議と住宅の故障等が増えます。 GW中に何かあればぜひご相談下さい。 可能な限り対応致します。 緊急工事24時間対応致します。 050-3592-0944(IP固定電話) 090-3538-2454(携帯電話) 一般社団法人全建総連リフォーム協会 会員番号:11……