【賃貸 リフォーム】お風呂(浴室・バス)は費用負担が大きくてもメリットが大きい!

お風呂周りもリフォームをするべきポイント

リフォームすべきポイント「キッチン周り」に並ぶほど重要 な個所が、「お風呂場周り」になります。この理由は、お風呂場周りは家の中でも劣化が見られやすい場所で老朽化が進んでいるのが分かりやすいためです。ま た、カビなどが繁殖しやすいこともあり、清潔感がないように見えてしまいます。そのため、「お風呂場周り」は優先的にリフォームをすべきポイントなので す。

また、浴室やバスタブなどは清潔感だけでなく、そのスペースも重要なポイントとなっています。これは、お風呂場がリラクゼーションス ペースとして使われているためで、ゆっくり長く湯船に入れることを求める入居者が多いからです。そのため、リフォームする場合には「綺麗さ」と併せて、 「スペース」にも気をつけた修繕が必要になるのです。

お風呂場のリフォームで注意するポイント

実際にお風呂場をリフォームする場合には、どのような世帯に住んでもらうかも重要になります。

もし、ワンルームの部屋であれば浴室を作るのは難しいでしょう。また、風呂場を作るにしても、単身世帯とファミリー世帯では、求められる機能が変わります。

例 えば、ファミリー世帯では「追い焚き機能」が重要な機能として見られたり、お年寄りの方も使う場合には「バリアフリーに対応」している方が良いでしょう。 このように、お風呂場のリフォームをするといっても、利用者によってやるべきことが変わるので気をつけるべきでしょう。

ただし、こうしたリフォームをする場合、新たに導入する設備が住宅に合っているかを事前に確認しておくことが重要です。
ユニットバスを搬入しようとしても浴室に入らなかったり、浴室乾燥機の設置が難しいこともあります。そのため、こうしたトラブルを起こさないためにも「効率的なリフォーム計画」が重要になるのです。

風呂場のリフォームには「効率的な計画」が必須

リフォームをする際には「効率的なリフォーム計画」が重要になりますが、特に重要になるのがお風呂場となっています。この効率的な計画と言うのは、資金面と時間面のことを指しています。

まず資金面の計画を見ると、お風呂場のリフォームは快適さを追求するあまり、予算オーバーになる可能性が高いです。そのため、今回のリフォームで必要なものと、必要でないものを分ける必要があります。

また、風呂場のリフォームは大規模になる場合もあり、「在来工法」から「ユニットバス」に切り替える場合には、工事期間が長くなることもあります。そのため、事前に計画を立てて、空室になったらすぐに取り掛かれるようにするのが必要になるのです。

このように風呂場のリフォームでは、資金面・時間面から効率的な計画が必要になるので、事前に計画を立てておくことが重要なのです。

関連記事

リフォーム時の工務店の選び方5「メリット・デメリットの説明がある」
中立的な立場からアドバイスがあるかを判断する リフォームが成功するかは業者選びが重要になりますが、工務店の担当者の力量が影響することも多いでしょう。例えば、担当者のヒアリング能力やリフォーム方法の提案能力、また、工務店内で現場に引き継ぐ能力に長けている必要があります。そのため、対応してくれる担当者の能力を見るのも重要になっています。 特に注意すべき点……
台風で屋根の板金が飛んでしまった 日高市
  保険を使って屋根を直します     台風で屋根の棟板金と言う部分が飛んでしまいました。 お客様に確認したところ台風に適用される火災保険に入っているとの事。 損傷した部分に関しては保険を使って修理をしました。 残っている板金を剥がし、下地材も取り除きます。 新しい下地材を打ちます。 その上に防水紙を……
【賃貸 リフォーム】築年数が30年や40年を超えてしまっても借手がつく方法とは?
築年数が30年以上経つと、借り手はつかない? 賃貸経営をしていると、築年数がたっている物件よりも 築浅な物件の方が有利になります。これは入居希望者が新築に近い家を好む傾向にあるからです。しかし、例え築年数が30年以上経っていようと、借り手が付 かないわけではありません。経営者の工夫次第では、入居率を高めることができるのです。 この工夫にはいくつかあり……
【星工務店】リフォームを依頼したら誰とやりとりをするのか?
星工務店なら代表自ら対応します リフォーム会社や工務店の中には、営業担当と現場が異なり、意見の相違が発生することもあります。しかし、「星工務店二級建築士事務所」であれば、代表自らが対応するため、リフォーム時の相談内容をそのまま現場に反映することができます。 また、さまざまなリフォーム経験があることから、お客さまのイメージしているリフォーム像を……