日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2016年 09月 06日

【賃貸 リフォーム】お風呂(浴室・バス)は費用負担が大きくてもメリットが大きい!

お風呂周りもリフォームをするべきポイント

リフォームすべきポイント「キッチン周り」に並ぶほど重要 な個所が、「お風呂場周り」になります。この理由は、お風呂場周りは家の中でも劣化が見られやすい場所で老朽化が進んでいるのが分かりやすいためです。ま た、カビなどが繁殖しやすいこともあり、清潔感がないように見えてしまいます。そのため、「お風呂場周り」は優先的にリフォームをすべきポイントなので す。

また、浴室やバスタブなどは清潔感だけでなく、そのスペースも重要なポイントとなっています。これは、お風呂場がリラクゼーションス ペースとして使われているためで、ゆっくり長く湯船に入れることを求める入居者が多いからです。そのため、リフォームする場合には「綺麗さ」と併せて、 「スペース」にも気をつけた修繕が必要になるのです。

お風呂場のリフォームで注意するポイント

実際にお風呂場をリフォームする場合には、どのような世帯に住んでもらうかも重要になります。

もし、ワンルームの部屋であれば浴室を作るのは難しいでしょう。また、風呂場を作るにしても、単身世帯とファミリー世帯では、求められる機能が変わります。

例 えば、ファミリー世帯では「追い焚き機能」が重要な機能として見られたり、お年寄りの方も使う場合には「バリアフリーに対応」している方が良いでしょう。 このように、お風呂場のリフォームをするといっても、利用者によってやるべきことが変わるので気をつけるべきでしょう。

ただし、こうしたリフォームをする場合、新たに導入する設備が住宅に合っているかを事前に確認しておくことが重要です。
ユニットバスを搬入しようとしても浴室に入らなかったり、浴室乾燥機の設置が難しいこともあります。そのため、こうしたトラブルを起こさないためにも「効率的なリフォーム計画」が重要になるのです。

風呂場のリフォームには「効率的な計画」が必須

リフォームをする際には「効率的なリフォーム計画」が重要になりますが、特に重要になるのがお風呂場となっています。この効率的な計画と言うのは、資金面と時間面のことを指しています。

まず資金面の計画を見ると、お風呂場のリフォームは快適さを追求するあまり、予算オーバーになる可能性が高いです。そのため、今回のリフォームで必要なものと、必要でないものを分ける必要があります。

また、風呂場のリフォームは大規模になる場合もあり、「在来工法」から「ユニットバス」に切り替える場合には、工事期間が長くなることもあります。そのため、事前に計画を立てて、空室になったらすぐに取り掛かれるようにするのが必要になるのです。

このように風呂場のリフォームでは、資金面・時間面から効率的な計画が必要になるので、事前に計画を立てておくことが重要なのです。

以下の記事も読まれています。

Tags: