日高市のリフォーム会社「星工務店」

お問い合わせ 050-3592-0944 営業時間 8:30-20:00 / 日曜・祝日定休
MENU

コラム

2016年 09月 09日

【賃貸 リフォーム】 実際にリフォームを行うにはどのくらいの期間を考えたらいいのか?

リフォーム個所によって「1週間~3週間」程度

賃貸物件の「入居率」を高いままに維持するためには、リフォームは欠かすことができません。そして、こうしたリフォームをするには修繕期間が必要となり、一般的に「1週間~3週間」程度が目安となっています。

リ フォーム期間にばらつきが発生する理由としては、そのリフォーム規模が異なるためです。例えば、キッチンの一部をきれいにしたり、エアコンを入れ替えるだ けであれば短い期間で終わるでしょう。また、風呂場全体を一新するほどのリフォームの場合は、長期間必要なこともあります。そのため、短ければ1週間程 度、長いと3週間以上必要になることもあります。

このようにリフォームの程度や場所によって、その期間が異なります。ただし、こうしたリフォーム期間には空室になってしまうので、なるべく短く終わらせられるように計画することが必要なのです。そこで、リフォームの全体像をご紹介します。

リフォームの全体像を知り、計画的にプランを立てる

現在入居中の物件であっても、今後退去予定が立っている場合にはリフォームの準備をしておく必要があります。準備をしておくだけでも、すぐにリフォームに移れて、空室期間を短くできます。そのため、一般的なリフォームの全体像を知っておくことが必要です。

ま ず、「リフォーム会社に問い合わせ」をすることから始まります。リフォーム会社の選定方法のポイントは別途説明するとして、まず問い合わせから始まりま す。そして、問い合わせをすると現地調査をしてくれます。これにより管理組合への手続きの有無や、実際にリフォームが可能かどうかなどを判断してくれま す。

また、この現地調査次第で、どのような資材を使うべきかなどのリフォームプランを提示し、見積書の提示もしてくれます。この内容に納得がいけば、契約成立となって、退去後にすぐにリフォーム作業を実施してくれます。

この後、アフターサービスを実施している場所では、クリーニングなどもしてくれるので、ここまで全体の流れになります。ただし、場合によってはリフォーム期間が延びることもあるので、その点には注意しましょう。

リフォーム期間が延びる理由に「管理組合の承認」がある

賃 貸オーナーであれば、その物件そのものを所有していない限り、管理組合に属しているはずです。そして、リフォームをする際にはこの管理組合の承認が必要に なる場合が多くあります。これはあくまで1室分のオーナーであるため、共用部分などにも影響が出る可能性があるためです。

また、実際にリフォームする部屋の左右の住民、上の階・下の階の住民からリフォームの承諾をもらう必要もあります。そして、こうした承諾に3週間以上かかる場合もあるので、これによりリフォーム期間が延びる可能性があるので注意しましょう。

コンクリート壁下塗り


Tags:

コメントを残す