日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2016年 09月 12日

【賃貸 リフォーム】実際に効果があがるのもの?入居率は向上させるコツとは

効果が高いリフォームの仕方は「ターゲット選定」

賃貸リフォームは、ただ単にすれば入居率が上がるというわけではありません。その効果を高めるためには「ターゲットを選定する」ことが重要、つまり住居者が何を求めているかを理解することが大切なのです。

例えば想定している人が、単身者かファミリー世帯かによっても変わります。単身者であれば、なるべく家具が揃っている方が入居率は高いですし、ファミリー世帯では子育てがしやすい環境がある方が高くなります。

このようにターゲット選定によって入居率が大きく変わるので、選定をしっかりして設備投資をすることが必要になるのです。そのため、入居率が高まりやすい設備投資のポイントをより具体的にご紹介していきます。

「キッチン」、「風呂場」、「エアコン」は重点ポイント

入 居率を高めようとするのであれば、重要なリフォームポイントがあります。それは「キッチン」、「風呂場」、「エアコン」の3つです。もちろん、他にも洗面 台周りやリビングなどもリフォームするべきポイントですが、より重点的にするなら「キッチン」、「風呂場」、「エアコン」の3つでしょう。

な ぜ、この3つを重点的にすべきかと言うと、入居者が最初に注目するポイントだからです。それと言うのも、これらは生活する上で「清潔であるべき場所」とし て見られているため、これらが汚いと住みたくなくなるからです。そのため、実際にリフォームする場合には、これらの箇所を入念に行った方が良いのです。

ただし、仮にこれら3点が綺麗だとしても、他の部屋があまりにも汚い場合には、住みたいと思わないでしょう。そのため、こうした場合にはバランスを取ってリフォームすることが重要になります。

リフォームした分、賃料が上がることも検討する

室 内のリフォームを効果的に行えれば、入居率が高まる可能性は大いにありえます。ただし、その費用を賃料から回収する必要があるため、家賃が高くなることが あります。その結果、費用に見合った物件ではなくなり、思った以上に入居率が上がらなくなることもあるのです。そのため、リフォームをする場合には、効果 がある場所を重点的に行うことが大切です。

この効果がある場所は先述している「キッチン」、「風呂場」、「エアコン」の3点で、これらを 上手にリフォームすることが重要となっています。そこで、まずリフォームする際には、ターゲットにマッチした設備投資から行いましょう。そして、今後設定 する賃料などを考慮に入れて、予算内で高里香的なリフォームをするように心がけましょう。

以下の記事も読まれています。

Tags: