日高市のリフォーム会社「星工務店」

お気軽にお問い合わせください。
050-3592-0944
営業時間 8:30-20:00 日曜・祝日定休

【よくある質問】かなり古い家だが、リフォームは可能なのか?

リフォームするにあたって築年数は関係ない

ご自宅がかなり古くて、リフォームできるか心配だという意見が良くありますが、リフォームするにあたって築年数は特に問題になりません。そのため、基本的にはどんなに古い家であってもリフォームをすることができるようになっています。

ただし、場合によっては建て替えをした方が良いこともあります。そのため、リフォームをした方が良いのか、それとも建て替えた方が良いのかは工務店や業者などに確認を取ってみるといいでしょう。

また、リフォームをすることになった場合には、「古い家だからこそできる」味わい深いリフォームをすることもできるので、工務店に相談してみるといいでしょう。

古い家だからこそできるリフォームがある

築年数が経っている場合、耐震性などを心配される方も多いため、こうした診断をする必要があります。ただし、多くの場合は梁などがしっかりしていて、年数が経っている分、趣がある素材が多くなっている場合が多いので安心してください。

そこで、むしろ築年数が経っている場合には、こうした現在使われている資材を有効活用してリフォームをすることを検討したほうが良いでしょう。
これには、例えば、自然素材を豊富に利用した住み心地のいい住宅や、和風モダンな優しさあふれる住宅などがあります。
ただし、こうしたリフォームはリフォーム経験が乏しい業者には難しいので注意が必要です。

このように古いお家だからこそできるリフォーム内容もあります。そのため、建物が持っている持ち味を生かして計画できるような業者に依頼する方が良いでしょう。また、場合によっては建て替えた方が安くなることもあるので、費用の見積もりは、リフォーム時と建て替えの両方をした方が良いでしょう。

建て替えを検討することも重要になる

築年数が経っている場合、診断結果にもよりますが「耐震性に不安があり、倒壊の恐れがある」場合も置きかねません。こうした場合にはリフォームだけでなく、建て替えを検討することも重要になってきます。
なぜなら、リフォームで耐震性を高めたりする作業よりも、建て替えた方がコストを抑えられる可能性があるためです。そのため、診断結果によってはリフォームするか、建て替えにするか選択するようにしましょう。

そのため、まずは古いお家に住んでいて、「リフォームできるか心配」と思っているのであれば、業者に依頼してお家の状況を確認してもらうのが良いでしょう。そして、この結果次第では「リフォーム」の方がいい場合もありますし、建て替えの方がいい場合もあるので、これによってリフォーム内容を決めていくことがオススメです。

 

24時間対応 私が営業~打合~施工管理しています。

緊急工事24時間対応致します

050-3592-0944(IP固定電話)
090-3538-2454(携帯電話)

一般社団法人全建総連リフォーム協会
会員番号:1110057

二級建築士
2級施工管理技士
宅地建物取引者
2級福祉住環境コーディネーター
埼玉県被災建築物応急危険度判定士

関連記事

デザインサイディングの塗装工事 狭山市
築13年 デザインサイディングの外壁塗装をしました。 サイディングの外壁塗装と言うと単色で「塗りつぶし」と言うのが多いです。 今回使用した塗料はニッペピュアライドUVプロテクトクリアを塗布しました。 少し解りづらいのですが、クリア塗料を塗布する事でデザインサイディングの元の色が蘇るのです。 日光等に当たると塗装の色が抜けてしまいますが、塗料でそれを……
【賃貸 リフォーム】 キッチン周りの費用をかけるメリットとは?
キッチン周りは引越しを決める重要ポイント 賃貸物件のオーナーであれば、誰でも「入居率」は気にする はずです。ただし、この入居率を高めるためには「住居者が使いやすい・住みやすい」ということが条件になるのです。こうした条件は物件の階数や位置、向き などによっても決められますが、内装なども重要になります。特に、内装で重要になるのがキッチン周りとなっているのです。……
【賃貸 リフォーム】 実際にリフォームを行うにはどのくらいの期間を考えたらいいのか?
リフォーム個所によって「1週間~3週間」程度 賃貸物件の「入居率」を高いままに維持するためには、リフォームは欠かすことができません。そして、こうしたリフォームをするには修繕期間が必要となり、一般的に「1週間~3週間」程度が目安となっています。 リ フォーム期間にばらつきが発生する理由としては、そのリフォーム規模が異なるためです。例えば、キッチンの一部……
台風被害にあったら。
台風で雨漏りとか屋根が飛んだ、ずれた。雨樋が壊れた、アンテナが折れた。その様な被害が出た時は加入している火災保険会社に連絡して下さい。保険で修理が出来る場合がありますので。 ……