日高市のリフォーム会社「星工務店」

お問い合わせ 050-3592-0944 営業時間 8:30-20:00 / 日曜・祝日定休
MENU

コラム

2017年 07月 21日

【よくある質問】間取りの変更は簡単にできるものなのか?

一般的には、間取り変更は簡単にできる

リフォームをするにあたって、間取りの変更を希望される方は多くいらっしゃいます。もちろん、間取りの変更は簡単にできることが多く、多くの業者でリフォーム対応しています。けれども、簡単に間取りが変更できるのは耐力壁などでない、ふすまなどだけになっています。なので、耐力壁の移動を含む間取りの変更は可能ですが、費用が高くなりやすくなっています。

そのため、間取りの変更を検討しているのであれば、一度工務店などの業者に相談してみるのが良いでしょう。工務店に相談をすると、ご自宅の状態によって取れる手法などが分かり、費用を安くする工夫などを取ってくれることがほとんどです。

そこで、耐力壁の移動を含む場合の費用について見ていきましょう。

耐力壁に関する変更は、高額になりやすい

間取りの変更をすることは一般的には簡単になりますが、「耐力壁の移動を含む場合」には、難しい場合があります。この耐力壁と言うのは、お家の中で建物を支える役割がある壁で、外壁のほか、廊下の壁、間仕切り壁なども該当します。そのため、こうした耐力壁を移動する場合には、建物を支えるための別の仕組みが必要になるので、高額になりやすいのです。

また、実際に耐力壁を移動する場合には、通常のリフォームに比べて数十万円高くなるのが一般的です。これは新しく壁を作る必要があるためで、「LDK(リビングダイニングキッチン)」を新たに作る場合、相場は100~300万円程度になっています。

そのため、間取りを変更する際には耐力壁に関わるかどうかに注意をして、予算などと相談しながら変更を決めた方が良いでしょう。

コストを抑えられるように工夫をする

リフォームをする場合、間取りの変更をする際には「耐力壁の移動を含むと高額になる」ことを説明しましたが、このコストを抑える工夫についてご紹介していきます。

まず、コストを抑えるためには、「耐力壁の移動を含まない」方法を模索することが重要です。

例えば、浴室のスペースを広げたい場合には、ここのドアを引き戸に変えるだけでもデッドスペースがなくなります。また、バリアフリー対応として廊下を広げようとしている場合には、廊下ごとリビングにする作業もいいでしょう。このように、なるべく耐力壁を動かさないようにする工夫をします。

また、工法にも工夫をしていく必要があります。これは、例えばキッチンなどの水まわりで活用できますが、ガス管などの位置は変えずに、キッチンスペースだけを広くするように作り変える方法などがあります。

このようにコストを抑える工夫はいくつもあるので、部屋を広く見せたいと考えている場合は、工務店でその旨を伝えてください。そうしたら、費用を抑えられるアドバイスがもらえるでしょう

 

24時間対応 私が営業~打合~施工管理しています。

緊急工事24時間対応致します

050-3592-0944(IP固定電話)
090-3538-2454(携帯電話)

一般社団法人全建総連リフォーム協会
会員番号:1110057

二級建築士
2級施工管理技士
宅地建物取引者
2級福祉住環境コーディネーター
埼玉県被災建築物応急危険度判定士

代表 星 謙司

■日高市・鶴ヶ島市・飯能市・狭山市・入間市・川越市のリフォーム工事■

星工務店


Tags:

コメントを残す