リビングの「床・壁・天井・建具交換」のリフォーム

築35年の建物のリビングの「床・壁・天井・建具交換」のリフォームを行いました。床は「絨毯~フローリング」へ張替を行いました。

Before

NCM_4650

After

NCM_4765

関連記事

リフォーム時の工務店の選び方2「過去の事例が確認できる」
過去の施工事例は「量と質が重要」リフォームをサービスとして提供している業者や工務店には、それぞれ向き・不向きの分野がある場合が多いです。そのため、これからリフォームをしようと検討しているならば、その箇所を得意分野としている業者に任せた方が、理想に叶うリフォームを実現してくれる可能性が高まります。そして、こうした得意分野を確認するのに、オススメな方法が「過去の……
【よくある質問】かなり古い家だが、リフォームは可能なのか?
リフォームするにあたって築年数は関係ない ご自宅がかなり古くて、リフォームできるか心配だという意見が良くありますが、リフォームするにあたって築年数は特に問題になりません。そのため、基本的にはどんなに古い家であってもリフォームをすることができるようになっています。 ただし、場合によっては建て替えをした方が良いこともあります。そのため、リフォームをした方……
リフォーム時の工務店の選び方4「アフターフォロー」がしっかりしている
リフォーム後の「トラブル対応」も検討しておく希望のリフォームをするには、リフォーム前のことばかりでなく、リフォーム後のことも検討しておく必要があります。なぜなら、ご自宅の状況・環境は一軒一軒違い、一度で完璧にリフォームできることが少ないからです。そのため、リフォーム後のトラブル時の対応策も考えておくこと重要です。こうしたトラブル対策として大事なことは、「無料……
【賃貸 リフォーム】 計画を立てる際の注意点とは?
あらかじめ「不満点」を洗い出しておくことが重要 入居率を高くするためにリフォームをするオーナーも 多い一方、無計画なリフォームをしようとしていることも多くあります。これでは資金だけ減って、効果が見られず、意味のないリフォームになってしまいま す。こうした意味のないリフォームを防ぐためには、まず「不満点」を洗い出しておく必要があります。 この「不満点」……