日高市のリフォーム会社「星工務店」

お気軽にお問い合わせください。
050-3592-0944
営業時間 8:30-20:00 日曜・祝日定休

【リフォーム相場~マンション編~】フルリフォームから一部リフォームまで予算の立て方は?

 

最近では、マンションを購入しリフォームするご家庭も増えてきており、好みの内装に変えられるようになってきています。そして、こうしたリフォームをする場合、切っても切り離せないのが「予算」になるでしょう。
一般的には、予算を立てる際には最初に「不満点」、「問題点」を明らかにすることが多いですが、マンションの場合は違います。マンションでは、まず「構造上の安全性」と「設備上の安全性」を取る必要があります。

この「構造上の安全性」と言うのは、マンションがどのように作られているのかとことで、例えば鉄骨造りやコンクリート造などが当てはまります。そして、この造りによってできるリフォーム内容が変わるのです。
また、「設備上の安全性」には、導入する設備によっては、上下左右などの隣人住宅に迷惑がかかる場合もあることが該当します。

このように、マンションの場合には、ご本人さまの住宅だけでなく、近隣にも何らかの影響が発生する恐れがあります。そのため、ご自身の住んでいる建物でできるリフォームの内容を把握することが重要です。特に管理組合の規定によって定められていることもあるので、注意しましょう。

予算の立て方は「問題点」を探すことからスタート

安全性を確認して、リフォームできることを把握したら、ようやく予算を立て始められます。そして、この予算を立てるには、まず問題点・不満点を確認する必要があります。こうした不満点には、例えば「風呂場やキッチンが汚い」ことや、「床が冷たい」などさまざまな場所にあるはずです。このような一家全員の住宅への不満を洗い出すことから始めます。

そして、ある程度問題点が出し終えたら、続いては「どのようにリフォームするか」を検討しましょう。これには、具体的にキッチンをアイランド式に変えたいとか、浴室を暖かくしたいなど考えるようにします。これらの相場は、業者や内容によって異なりますが、1カ所あたり50万円~100万円程度となっているので、これに従い予算を立てると良いでしょう。
ただし、全部のリフォーム内容をかなえようとすると、予算案は莫大なものになります。そのため、予算オーバーの際には対策を打つ必要があります。

予算オーバー時はローンか、優先順位を決めて対応する

予算がオーバーした時に取る方法は限られており、全部叶えるならば「ローンを組む」などして資金調達する必要があります。一方、一部のみリフォームを検討する場合には、不満点の中から「優先順位を決める」必要があるのです。また、なるべく多くの場所をリフォームしたいのであれば、その設備のグレードなどを下げることも方法としてあげられます。
このように予算がオーバーした場合には、何らかの妥協点が必要になるので、あらかじめ優先すべきことを家族内で決めておくといいでしょう。

関連記事

【よくある質問】工事中は、家に住むことができるのか?
リフォーム中でも、家に居続けることは可能 ご家庭の事情があって、リフォーム中でも家に居続けたいと思う方も多くいらっしゃいます。 これに関しては、リフォーム内容によりますが、家に居続けられる場合もあります。 例えば、どんな工事であれば住み続けられるかと言うと、2階の一部のみをリフォームする場合や、平屋の一角を変更するケースでしょう。こうした場合で、か……
台風で屋根の板金が飛んでしまった 日高市
  保険を使って屋根を直します     台風で屋根の棟板金と言う部分が飛んでしまいました。 お客様に確認したところ台風に適用される火災保険に入っているとの事。 損傷した部分に関しては保険を使って修理をしました。 残っている板金を剥がし、下地材も取り除きます。 新しい下地材を打ちます。 その上に防水紙を……
白砂利敷 川越市
白砂利 家の周りに砂利を敷いて欲しいと相談がありました。 施工前 施工後 施工前 施工後 1件分砂利を敷くのに砂利は約1・5立米位使います。 緊急工事24時間対応致します。 050-3592-0944(IP固定電話) 090-3538-2454(携帯電話) 一般社団法人全建総連リフォーム協会 会員番号:1110057 ……
【リフォーム相場】坪単価で業者を選ぶ危険性とは?
リフォーム費用にはどんなものがあるのか? 今お住みの家を、より自分好みにしようとリフォームを検討している方も多いはずです。ただし、リフォームすれば住みやすさや、快適さを手に入れられる一方、多額な費用がかかることもあります。そこで、この費用の内容について押さえましょう。 まず、リフォーム費用はリフォーム自体にかかる費用と、それ以外の諸費用とに分類で……