日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2017年 07月 23日

【よくある質問】工事中は、家に住むことができるのか?

リフォーム中でも、家に居続けることは可能

ご家庭の事情があって、リフォーム中でも家に居続けたいと思う方も多くいらっしゃいます。

これに関しては、リフォーム内容によりますが、家に居続けられる場合もあります。
例えば、どんな工事であれば住み続けられるかと言うと、2階の一部のみをリフォームする場合や、平屋の一角を変更するケースでしょう。こうした場合で、かつ居住者に安全性が確保される状況であれば住むことが可能です。

ただし、ご自宅の状況次第によっては、仮住まいを検討する必要もあります。大規模な改修であれば、やはり仮住まいをご用意されることをおすすめします。

「エリアごとに順番にリフォームを行うために、仮住まいを用意する必要はない」といったことを売り出しているメーカーもありますが、実際には、お風呂や台所などの水回りを施工する時は、1週間程度、家を空けなければならないこともあって、その期間はホテル住まいをするケースも数多くあります。

そのため、どのようなリフォームになりそうかは事前に業者と話し合い、工事計画を立てるといいでしょう。

場合によっては、仮住まいを検討することも大切

リフォーム内容によっては、家に住み続けることができない場合もあり、その時には「仮住まい」を用意する必要もあります。そのため、リフォームを検討している際には、こうした「仮住まい」を用意する費用も予算に入れておく必要があります。

この仮住まいは業者が紹介してくれケースと、自分で見つけるパターンとがあります。そのため、依頼する業者によっては、自分で見つけなければいけないので、その点も注意をしましょう。

また、仮住まいを用意する際の注意点としては、「工事の延長の可能性があること」も念頭に置いておくと言うことです。
これは基本的には起こらないはずですが、業者によっては遅延の可能性もあります。そのため、万が一の際には延長して住めるように手配しておいたりなど、長めに住めるようにしておく方が良いでしょう。

事前に業者に話し合い、工事契約を立てる

仮住まいが必要になるかは、業者によって変わります。そのため、工事契約をする際には、なるべく住み続けられるように相談をしておくことが重要になります。
ただし、こうした仮住まいが必要になるケースは、「大抵が大規模なリフォーム」です。

そのため、住み続けることを承諾する分、リフォーム期間が長くなってしまう可能性もあります。なので、なるべく早く終わらせたい場合には、仮住まいを用意するように手配することも検討したほうが良いでしょう。

このように仮住まいが必要になるかは、リフォームの規模や業者の施工方法によって変わってきます。そのため、事前に良く話し合いをして、納得のいく工事契約を結ぶ方が良いでしょう。
また、住み続けるにしても、人の出入りが多くなるので、リフォーム期間中はストレスを感じる人もいるので注意をしましょう。

 

24時間対応 私が営業~打合~施工管理しています。

緊急工事24時間対応致します

050-3592-0944(IP固定電話)
090-3538-2454(携帯電話)

一般社団法人全建総連リフォーム協会
会員番号:1110057

二級建築士
2級施工管理技士
宅地建物取引者
2級福祉住環境コーディネーター
埼玉県被災建築物応急危険度判定士

代表 星 謙司

■日高市・鶴ヶ島市・飯能市・狭山市・入間市・川越市のリフォーム工事■

星工務店

以下の記事も読まれています。

Tags: