日高市のリフォーム会社「星工務店」

お気軽にお問い合わせください。
050-3592-0944
営業時間 8:30-20:00 日曜・祝日定休

【よくある質問】高齢者に考慮したリフォームをしたいが、どのようなものがあるのか?

キッチン、浴室、トイレなどバリアフリーに対応できる

高齢者と一緒に住むために、バリアフリーに対応したリフォームをしようと検討している方は多いです。

こうした要望にこたえるために、バリアフリーの設備としては、例えばキッチンや浴室、トイレなどさまざまなことに対応できるようになっています。
もちろん、こうした大掛かりなものでなく、廊下に手すりをつけるだけなどのバリアフリーにも対応しており、高齢者が住みやすいリフォームができるようになっています。

ただし、こうしたバリアフリーに対応したリフォームをする場合には、特に業者にこだわった方が良いでしょう。

なぜなら、高齢者視点で考えられる設計が重要であり、こうした点を考慮しないと、結局は住み心地が悪くなってしまうからです。そのため、実際に依頼する際には、過去の事例などを参照し、実績のある業者に依頼したほうが良いでしょう。

手すりなどをつけるだけなら10万円程度からで対応できる

バリアフリーの設備はさまざまありますが、費用は数万円程度からできるものもあります。
例えば、高齢者が歩きやすいように、手すりをつけるだけであれば10万円程度で済むこともあります。また、キッチンなども設備に入れ替えだけであれば、数十万円程度で済むでしょう。

ただし、車いすなどに対応させるためにリフォームとなると、費用が高くなる傾向にあります。なぜなら、段差をスロープに変更したり、車いすが通れるように廊下を広くする場合には、間取りの変更が発生するためです。そのため、こうした対応をすると、お家にもよりますが100万円以上かかる場合もあるのです。

このように、バリアフリーに対応したお家へとリフォームを考えると、それなりに費用がかかることに注意しましょう。そのため、リフォームする際には業者とよく話し合い、コストを抑えられるように工夫をするといいかもしれません。

高齢者視点で考えられる業者に選ぶ

バリアフリーに対応したお家を作る際の業者選びのポイントは、「高齢者視点で考えられるか」と言う点になります。

これは例えば、手すりの位置が力が入りやすい位置にあるかどうかや、一人でもスロープを上がれるかなど、実際に使う人の立場に経っているということです。こうした考え方は利便性に大きな影響を与え、リフォーム後のストレスにも影響があります。そのため、高齢者の視点で考えられる業者に依頼することが重要です。

そして高齢者視点で考えられるかは、施工実績を見るといいでしょう。過去にバリアフリーに対応したリフォームの経験があるほど、さまざまなアドバイスがしやすいので、選ぶ際には注意してみるのが良いでしょう。

 

 

緊急工事24時間対応致します

050-3592-0944(IP固定電話)
090-3538-2454(携帯電話)

一般社団法人全建総連リフォーム協会
会員番号:1110057

二級建築士
2級施工管理技士
宅地建物取引士
2級福祉住環境コーディネーター
埼玉県被災建築物応急危険度判定士

代表 星 謙司

■日高市・鶴ヶ島市・飯能市・狭山市・入間市・川越市のリフォーム工事■

星工務店

関連記事

FaceBookでも色々と更新しております。
星工務店のFaceBookです。https://www.facebook.com/hoshikkoumuten1349/工事した日とか現場から随時更新しております。 よろしくお願いします。   ……
室内ドアの調整 日高市
星工務店のサイトを見た方から「室内ドアの調整をお願いしたい」と電話を頂きました。 伺ってみたところネジ類の緩みが原因でガタついていました。 調整が終わりお客様より「サイトを見るとそれなりのリフォームを施工されていて、こう言う小さな工事は対応して貰えないのでは?」と言われました。 私どもはそれなりのリフォームよりも、この手の「メンテナンス工事」の方が得意……
台風で屋根の板金が飛んでしまった 日高市
  保険を使って屋根を直します     台風で屋根の棟板金と言う部分が飛んでしまいました。 お客様に確認したところ台風に適用される火災保険に入っているとの事。 損傷した部分に関しては保険を使って修理をしました。 残っている板金を剥がし、下地材も取り除きます。 新しい下地材を打ちます。 その上に防水紙を……
【賃貸 リフォーム】賃料UPの為のコツとは?人気設備ランキング!
居住者を想定すれば賃料UPにつなげられる ただ単にリフォームをしようと思っても、入居率が上がらないどころか、そのリフォーム費用をまかなえなくなり赤字になってしまうこともあるでしょう。 そこで重要になるのが、どのような設備を導入するかと言う点です。この設備は、もちろん入居希望者ごとに違ってきますが、主に「単身者」と「ファミリー世帯」によって分けられるの……