リフォーム相場 坪単価で業者を選ぶ危険性とは?

リフォーム費用にはどんなものがあるのか?

今お住みの家を、より自分好みにしようとリフォームを検討している方も多いはずです。ただし、リフォームすれば住みやすさや、快適さを手に入れられる一方、多額な費用がかかることもあります。そこで、この費用の内容について押さえましょう。

まず、リフォーム費用はリフォーム自体にかかる費用と、それ以外の諸費用とに分類できます。リフォーム自体にかかる費用には、例えばシステムキッチンやそれを設置するための間取り変更の作業などが含まれ、リフォームするための設備などが該当します。そして、諸経費には手続き費用や人件費など、業者が営業を行っていくための費用となっています。このように費用を大きく分けると「リフォーム自体にかかるもの」と「諸経費」に分類できるのです。

こうした費用は、基本的には業者が設備ごとの費用と作業費用を決めており、それに対して諸経費を算出しています。けれども、中にはこうした設備費用を考慮せず、「坪単価で費用を算出する」業者もあるので注意が必要です。

坪単価で費用を算出する業者は危険性が高い

リフォーム費用は、一般的にはシステムキッチンそのものの費用に、これを取り付けるための作業費用、さらに諸経費として10%~20%程度が加算された金額が総費用になります。ただし、業者の中にはこうした費用の算出方法ではなく、「坪単価」にて費用を算出する企業もあります。

この「坪単価」による算出方法とは、「1坪=約3.3平方メートルあたりの値段」で費用を見積もる方法で、料金が一律で、比較的安く計算されるのが特徴です。ただし、1坪あたりで決められているので、リフォーム内容が加味されていません。そのため、この点に危険性があり、お客さまが望んでいるリフォーム内容にならない可能性があるのです。
また、こうした坪単価による算出方法は、費用に根拠がない場合が多いのも特徴です。そのため、安い分、設備がグレードダウンされていたり、工法が簡素だったりと、問題が起こる可能性もあるのです。こうした可能性があるため、坪単価で算出する企業は危険性が高いのです。

見積もり内容に含まれていることを確認する

もちろん、「坪単価で算出しない業者」であっても危険性はあります。そこで、リフォームを要望する際の注意点は「見積もり内容に含まれている項目を確認する」ことでしょう。
これは、リフォームをする際にはどんな業者であっても確認すべきことで、費用に納得がいかない場合には担当者に相談することが大切です。そして、万が一あやふやなことを言う場合には、その業者に依頼をすることは避けた方が良いでしょう。

関連記事

シャワー水栓金物交換と洗面台のコマ交換
水栓金物交換 25年位使用したシャワー水栓です。 長持ちしたと思います。 交換しました。 蛇口のコマを交換しました。 スピンドルを外します。 コマを交換します。 お問い合わせはこちらまで。 050-3592-0944(IP固定電話)090-3538-2454(携帯電話)……
タイル浴室からユニットバスへ 日高市
築40年以上の家です。 タイル浴室からユニットバスへリフォームしました。   施工前 1日目 解体します。 給排水工事をします。 2日目 生コン打設工事です。 3日目 木部等補修工事をします。 4日目 ユニットバス組み立て工事です。 完成です。 5日目 ユニットバス入口補修工事、給排水接続工……
【賃貸 リフォーム】実際に効果があがるのもの?入居率は向上させるコツとは
効果が高いリフォームの仕方は「ターゲット選定」 賃貸リフォームは、ただ単にすれば入居率が上がるというわけではありません。その効果を高めるためには「ターゲットを選定する」ことが重要、つまり住居者が何を求めているかを理解することが大切なのです。 例えば想定している人が、単身者かファミリー世帯かによっても変わります。単身者であれば、なるべく家具が揃っている……
【賃貸 リフォーム】築年数が30年や40年を超えてしまっても借手がつく方法とは?
築年数が30年以上経つと、借り手はつかない? 賃貸経営をしていると、築年数がたっている物件よりも 築浅な物件の方が有利になります。これは入居希望者が新築に近い家を好む傾向にあるからです。しかし、例え築年数が30年以上経っていようと、借り手が付 かないわけではありません。経営者の工夫次第では、入居率を高めることができるのです。 この工夫にはいくつかあり……