日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2016年 09月 01日

【賃貸 リフォーム】 費用負担が大きくても利益につながる理由とは?

【賃貸リフォーム】失敗しないコツ!

賃貸リフォームとリノベーションの違いとは?

マ ンション経営者やアパート経営者などの賃貸物件を経営しているオーナーさんであれば、所有している物件の空室率が気になるはずです。こうした空室率はさま ざまな条件によって左右されますが、重要なポイントとして「室内がきれいかどうか」という点があります。もちろん、経過年数と共に室内は汚れが目立つよう になりますが、賃貸リフォームやリノベーションによって、汚れなどを減らすことができるのです。

こうしたリフォームとリノベーションの違 いは、その修繕具合に差があります。リフォームの場合は、基本的に現状維持が目的となり、床の張り替えや設備の取り換えなどを行います。また、リノベー ションであれば部屋の一新が目的となり、モダンな内装へと作りかえることを指すのです。
このように賃貸リフォームとリノベーションには、その修繕度合に違いがありますが、入居者を獲得するという点では同じであり、賃貸オーナーは入居率を高めるに実施する必要があるのです。

リフォームの必要性は「入居率」と関係がある

賃貸物件のリフォームが必要な理由としては、リフォームを行うと「入居率」を高められる可能性があるからです。これはリフォームをすれば、建物を綺麗に維持することができるためで、入居希望者が「住みたい」と思う環境を提供できるからです。

一 方、リフォームをしないでおくと「空室率」が高まる可能性があります。これは、近年、マンションやアパートなどの物件が増えてきており、住宅の条件に違い がないなら「新しい物件に住みたい」と思うからです。そのため、リフォームをしないままだと、他の物件に入居者を取られてしまい、空室状態が続いてしまう のです。その結果、空室状態であれば、家賃収入を得られない事態に陥ってしまうのです。

もちろん、リフォームをする場合はその分の費用がかかります。そのため、これに関してはデメリットと言うことが出来るでしょう。しかし魅力的な物件にし、「入居率」を高めるためには、リフォームが必要になるのです。

効果的なリフォームをするには「ターゲット選定」が重要

賃貸リフォームをする場合に重要なことは、リフォームする理由が明確であると言うことです。分かりやすく言うと、入居者視点に立つと言うことで、ポイントを押さえたリフォームが必要になります。

例 えば、リフォームするにあたって女性がターゲットであれば、キッチンのリフォームは重要なポイントになるでしょう。また、単身者ならなるべく家具が充実し ている方がオススメです。このように、ターゲットがどんな人かを選定してリフォームをすることで、上手に入居率を高められるのです。
そのため、まずは誰のためにリフォームをするのかを今一度、確認するといいでしょう。

以下の記事も読まれています。

Tags: