日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2016年 10月 26日

【よくある質問】工事やリフォーム時の、近所への迷惑はかからないのか?

 


運搬などにより、迷惑がかかるケースもある

リフォームをする場合、ご近所の方に迷惑がかかることを気にされる人も多くいらっしゃいます。これは残念ですが、迷惑がかかるケースもあります。例えば、運搬車を駐車しておいたり、工事中の騒音が響くこともあります。こうしたことによりご近所に迷惑がかかることもあるのです。

もちろん、お家の状況や環境、リフォーム内容によっては迷惑がかからないこともあります。そこで、こうした迷惑がかかるかどうかを工務店で相談しておくといいでしょう。また、迷惑になりそうな場合には、事前に挨拶まわりをしておいたり、迷惑をかけないように工夫をするなど対策を打っておくことが重要です。
特に一戸建てでなく、集合住宅の場合は注意が必要となっているので、リフォーム前にはよく確認しておいてください。

ご近所への挨拶周りをしておくことが重要

リフォームをする際には、ご近所に迷惑がかかる場合が多々あります。そこで事前に「ご近所への挨拶まわりが重要」になるのです。
この挨拶まわりはご自身で行ってもいいですし、業者がまわる際に一緒に回ってもいいでしょう。また、なるべくなら手土産を持っていき、挨拶をしてまわった方が近隣住人との関係を良好にしておくことができます。

そして、挨拶まわりの範囲は一戸建ての場合には隣接する住宅に加え、裏の住宅と通りの向こうの住宅3軒ずつにしておく必要があります。

また、マンションの場合は、両隣と上下、斜め上、斜め下の方にも挨拶をしておくことが重要です。なぜなら、リフォームの音や振動は、思った以上に遠くまで届くので、十分な配慮が後々の良好な関係につながるからです。

さらに、挨拶をする際には「いつの時間帯に、どんな迷惑がかかるのか」を説明しておくとトラブルを防ぎやすくなります。
このように、リフォームする際にはご近所への配慮をしておくことが重要になるのです。

迷惑をかけないための工夫もする

お家をリフォームするに当たって、ご近所に挨拶をすることは大事ですが、それ以上に「そもそもとして迷惑をかけない」工夫をすることも重要なことです。例えば、道が狭いエリアであれば大型車でなく軽トラックにしてもらうように配慮をしたり、臭いが漏れないように窓を閉めてもらうなどの工夫があります。
また、作業が終わると掃き掃除などをしてくれる業者が良いと思います。

そのため、迷惑がかかりそうなことをあらかじめ予想し、なるべく迷惑がかからない工夫を取る必要があるのです。
このような工夫は、業者ごとに対応が異なることが多いので、事前に確認しておくようにしましょう。そして、なるべく近隣住民への配慮ができる業者に依頼することが大切になります。

以下の記事も読まれています。

Tags: