被災建築物応急危険度判定士と言う資格

熊本で震災が起こった後にニュースで良く出てくる壊れた家屋に「危険・やや危険・問題なし」みたいな判定を下す作業をする資格が「応急危険度判定士」です。

この資格は国家資格である「1・2級・木造建築士」の資格を持っている人が講習等を受けて登録する資格です。

応急危険度判定士と言う資格

阪神淡路大震災の後に出来た資格で私もその時に講習を受け登録しました。

建築士の多くの方が出来れば使う事が無ければ良いと思う資格だと思います。

幸い私もまだ使ったことはありません。

関連記事

【賃貸 リフォーム】お風呂(浴室・バス)は費用負担が大きくてもメリットが大きい!
お風呂周りもリフォームをするべきポイント リフォームすべきポイント「キッチン周り」に並ぶほど重要 な個所が、「お風呂場周り」になります。この理由は、お風呂場周りは家の中でも劣化が見られやすい場所で老朽化が進んでいるのが分かりやすいためです。ま た、カビなどが繁殖しやすいこともあり、清潔感がないように見えてしまいます。そのため、「お風呂場周り」は優先的にリフ……
キッチン交換 鴻巣市
築30年 キッチンが色々と傷んでしまったのでリフォームしたいとの事でした。 タカラスタンダードのエマージュを設置しました。 スライド収納式のキッチンです。 ……
【賃貸 リフォーム】 計画を立てる際の注意点とは?
あらかじめ「不満点」を洗い出しておくことが重要 入居率を高くするためにリフォームをするオーナーも 多い一方、無計画なリフォームをしようとしていることも多くあります。これでは資金だけ減って、効果が見られず、意味のないリフォームになってしまいま す。こうした意味のないリフォームを防ぐためには、まず「不満点」を洗い出しておく必要があります。 この「不満点」……
【よくある質問】間取りの変更は簡単にできるものなのか?
一般的には、間取り変更は簡単にできる リフォームをするにあたって、間取りの変更を希望される方は多くいらっしゃいます。もちろん、間取りの変更は簡単にできることが多く、多くの業者でリフォーム対応しています。けれども、簡単に間取りが変更できるのは耐力壁などでない、ふすまなどだけになっています。なので、耐力壁の移動を含む間取りの変更は可能ですが、費用が高くなりやす……