日高市のリフォーム会社「星工務店」

お問い合わせ 050-3592-0944 営業時間 8:30-20:00 / 日曜・祝日定休
MENU

コラム

2016年 08月 19日

トイレタンクの修理 毛呂山町

水洗トイレを15~20年使うとよくありがちな故障です。
 
浮き球(青)が正常に作動しなくなり微量の水が便器に流れ続けてしまう。
 
赤丸の部分の筒みたいな部品と水面がスレスレになってしまっています。
本当は1cm程度筒から水面が下がっていないとならないのですが。
 
イメージ 1

 

これ、結構馬鹿に出来ません。
水道の検針の方に「漏水していませんか?」と言われる位の故障ですので。
 
この工事はよくお客様に「浮き球だけ交換して」と言われます。
少しでも部品だが安く済めばそれはそれで良いので。
しかしタンク内部にある「ゴム球」も劣化しているので合わせて交換をお勧めしています。
 
イメージ 2

交換しました。
筒から水面が1CM程度下がっています。

イメージ 3

弁の役割をしているゴム球は劣化していました。

イメージ 4

タンク内部の部品が壊れだした時には「便器全部交換」か「タンクの交換」をお勧めします。

部品の交換って直しても3年位経つとまた壊れる事が多々あるんですよね


Tags:

コメントを残す