日高市のリフォーム会社「星工務店」

日高市のリフォーム会社「星工務店」

2016年 06月 27日

雨漏り補修工事 日高市

雨漏り補修工事。

あまり使わない和室、気づいたら雨漏りしていた。
初めはそんなにでも無かったので放置しておいたら、かなりの染みになって来たの事。

和室天井雨漏り

雨漏りしていると思われる場所は「ベランダのオーバーフロー」じゃないか?と思いお客様話を聞きました。

ベランダの床板を剥がして下がどうなっているのか見た事が無いとの事。
もしかしたら「排水つまり」かなと思いました。
ベランダの排水つまりにより雨漏りは結構沢山ある事例です。

もう1か所「出窓周りからの漏れ」

サッシからの雨漏り

モルタル外壁の塗装とか経年劣化でのモルタルの痩せ等で、そこから水が入る事は多々ある事例です。
がいへきの塗装が効いていれば漏れる事もないのですが、お客様に聞いたら15年くらい前に塗装したとの事でした。

築15年位の建物はサッシを柱とかに釘打ち・ビス止めした時その周りに「防水テープ」等の処理をしています。
その為多少の事では水は入りません。
築20年以上となるとその辺の防水処理をしていないケースが普通です。
外壁等の手入れが行き届いていないと、サッシ周りから漏れる事は多々あります。

ベランダやサッシ周りにホースを使い水を撒いて調べて見ました。
同時に天井に穴を開けて雨漏りのか所を探りました。

ベランダ関係は問題なし。
出窓周りに水をかけてみたら、右側が即水が入って左側は少したってから水が入ってきました。

和室天井壊して雨漏り点検

漏れた場所をシール処理。

工期は3日かかりました。

1日目:雨漏り追及
2日目:和室天井下地工事
3日目:クロス張替

1日目にシール処理した場所、念のため2日目に水をかけて再検査してから壊した天井にべニア下地を張りました。

天井板柄のビーニールクロスを張り作業終了です。

 

以下の記事も読まれています。

Tags: